メニュー
ブログ

校長室の窓

統合喜多方高校制服、校章、ポスター

統合高校の制服、校章、ポスターが公表されました。

現在喜多方高校に展示してあります。

ご覧になりたい方はぜひおいでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、詳しくは統合高校のHP

https://kitakata-01-h.fcs.ed.jp/blogs/blog_entries/view/10/d12c0510f20d05b0a41b09507fec99bd?frame_id=10

をご覧ください。

 

英検2級合格者の言葉より

英検2級の合格者から聞いたこと。

「自分が受かるとは思わなかった。」

と言って、ポケットから取り出した単語カード。

「暇さえあればこれを使って語彙力を鍛えました。」

私は言いました。

「努力は実るんだよね。」

彼女はにっこり笑って、

「これからもっと頑張ります。」

と言いました。

学ぶこととは?

 先週ある中学校の学校説明会にお邪魔してお話しさせていただきました。

「なぜ、高校に行くのか、なぜ学ぶのか。」まで含めてお話しする機会がありました。

そこで一個人の考えとして次のようなことを申し上げました。

当たっているかどうかはわかりません。

人間は社会を作って生きている。そして支え合って生きている。

全く個人で生きている人はいない。

実は生きるとは人を支えることであり、人から支えられることである。

人を支えるときに、支える力がなくてはいけない。

力がないと支えられない。

だからその力を付けるために学ぶんじゃないだろうか。

だから学ぶのは自分のためはもちろんあるけれども、むしろ人のため、というところもあるかもね。

などという意味のことを申し上げた気がします。

なぜ学ぶか、は永遠のテーマですが、学ぶのが楽しい、友と一緒に学ぶのはさらに楽しい、

ということもまた事実です。

さあ、学ぼう。できるところから。

そしてその楽しさを見出そう。

人生が楽しくなる。

 

 

 

 

 

 

↑ 1年生総合的な探究の時間で、NPO法人ブリッジfor福島の代表の方に

 世界の貧困についてレクチャーを受けているところ。

喜多方駅前への熊出現について

広く報道され、皆様ご存じのことと思われますが、10月2日(土)朝、喜多方駅前に熊が出現し、市民の方が怪我をされるという事件が起きました。怪我をされた方には心からお見舞いを申し上げます。

本校生も列車通学の生徒が、喜多方駅で安全確保のため、待機しました。安全確保のご配慮をいただいた関係の皆様に感謝申し上げます。

市街地に熊のような大型の野生動物がなぜ出現したのか。本当に気になるところです。どうやってきたのか。そして、本来熊が生息している山の状況が今どうなっているのか。

全国的に近年野生動物が人里に下りてくる事例が話題になっており、その背景には中山間地の村落における人口減、里山に人の手が入らなくなり、野生動物と人間との生活境界があいまいになっていることなどがあると言われています。

喜多方高校では今年度から地域の課題をSDGsの視点から考える、ということに取り組んでいます。SDGsとは簡単にいうと「持続可能な世界を作るにはどうすればいいかを考える」ということです。

秋日和の中に浮かぶ喜多方の金色の稲穂の波、きれいに手入れされた畑と里山、そしてそれらを基盤にした人々のなりわいといった今の喜多方のよさを、これからも持続していくにはどうすればいいのか。

喜多方高校生には、今回の熊の出現を「持続可能性」の観点からも考えてほしいと思います。

 

衣替え、あいさつ運動

10月1日の衣替え、秋ですね。

毎日あいさつ運動を行っていますが、今日はPTAの健全育成委員会の皆様の

ご協力も得て、拡大版のあいさつ運動、登校指導でした。

生徒の皆さんの笑顔が今日の活力です。

昇降口の言葉

こんにちは。これを養護の先生が昇降口のところに貼ってくれました。

いい言葉ですよね!

ビブリオバトル会津地区大会

新聞でも報道されていますが、9月26日土曜日に会津若松文化センターで、「ビブリオバトル福島県大会会津地区予選会」が開催されました。本校からともに1年生の原愛美さん、和田紀香さんが出場しました。全体で18名の高校生が参加しました。A,B,Cの3ブロック分かれ、予選が行われました。ブロックの上位2名が決勝に進出できます。5分間で自分の好きな本の紹介をし、2分間で会場からの質問に答えます。一番読みたくなった本に観戦者が投票します。同じくBブロックになった原さん、和田さんは見事に二人とも決勝に進出しました。決勝では原さんがなんと1位を獲得しました。10月下旬に行われる県大会に進出します。和田さんは優秀賞を獲得しました。二人とも、紹介する本の良さを理解して、自分の言葉で会場の方々に語り掛けていました。とても楽しい時間を過ごしました。

発表する二人。

 

 

 

 

 

 

学びの場

ここのところ、生徒の皆さんが受けている授業を参観しています。

そこには生徒の皆さんの学びに向かう姿があります。

真剣に黒板を見つめる姿。

進路に向けての実力を付けようとする3年生の本気と熱。

授業という学びの場をさらに充実させていこうと思っています。